FC2ブログ

資料

2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOPOCF10-関連キャラ ≫ OCF10-関連キャラ:ナナベ

OCF10-関連キャラ:ナナベ

nanabe3.jpg


名前:ナナベ(Nanabe)
名前の意味は「七番目の」。
七人兄弟の末っ子なので両親が割と適当に付けたらしい。

年齢:21

誕生日/誕生花:12月12日/山茶花

性別:男

身長:175センチ

体型:とても代謝がよく、ほっそりとした体型。
筋肉質。各パーツの主張が激しい顔立ち。

一人称・オレ
相手を呼ぶときは敬称をつけて呼ぶことが多い。
「ツタヒコくん」「ユタさん」「フィヨンさん」「カレンさん」等。
シエスタンに対しては「シエスタン様」、チャマは「チャマ姫」と呼んでいる。

シエスタン専属護衛官。
小さな頃から親元を離れ、紙漉き職人兼無手柔術の師範をしている親戚の家に厄介になっている。
目的は無手柔術の習得。理由はかっこいいからと単純明快。
弟子入り後、勿論指導を施してもらってはいたものの、ナナベを指導する際は師範が主に家事手伝いや紙漉きのほうに力を入れてしまったため(素直でなんでも言うことを聞くから)柔術よりも料理・洗濯・掃除、紙作りのほうがはるかに得意となってしまう。
が、ナナベの弟子入りの際、同日から同じく弟子入りしていた仲間と日々特訓を繰り返し、のらりくらりではあるが師範も指導は続けてくれたため実力はついていった。
柔術の習得後「島々」にある護衛官・傍仕えを多く輩出する専門学校に入学し、習得した柔術を活かしてシンボル専属護衛官を目指す。
ツタヒコとは年齢は違うが専門学校時代からの同級生で仲の良い友人。
学業の成績はふるわず、マホーはてんで駄目だったが、運よく数年に一度あるかないかの専属護衛官募集に飛びつくことができ、勢いで応募。
柔術の実力を買われ、シンボル二人との性格の相性も重要視した選考の末、(そしてひそかにユタの計らいもあり)シエスタンの専属護衛官として採用される。
ユタから見て、ナナベとシエスタンの相性はかなりいいということだが、今のところシエスタンにはものすごく嫌われており、ちょっぴり悲しい思いをしている。
しかしシエスタンの専属となり、彼の仕打ちを受けて「ちょっぴり悲しい」で一瞬落ち込むが即座にケロっと立ち直れるひと自体が稀なので、ユタは日々ナナベを応援し、立派な専属護衛官になれるよう見守っている。

打たれ強く、いい意味でも悪い意味でも鈍感。多少のことではまったくメゲない。
とにかく何事も一通りは失敗してしまうタイプ。成功するまでに時間を要する大器晩成型。
非常に真面目でまっすぐな性格。思いやりのある とてもやさしいひと。
目上のひとをたてる体育会系で、口調も「~ッす!」と元気いっぱい。
しかし反抗期の折には真面目さが違う方向にまっすぐぐんぐんのびてしまい、チョイ悪だった経緯あり。
その頃の喫煙癖が抜けず、たまに煙草を吸っている。
情に厚く、涙もろい。
ものすごい汗っかきで、「汗、すごいね…」とやや引かれながらよく言われる。
誠実な人柄は買われてはいるものの、女性にはあまり人気がない。
元々はジュプランタの「島々」の出身。
時々リフレッシュしに実家に帰るが、し損なっているどころか実家でも両親・兄弟にいじられている。
現在はチクチチクにある師範の家からの通いでの通勤。いずれ寮に移る予定。
猫が大の苦手だが、忍舞の家にいる二足歩行で歩く猫・ンメたんに限っては大丈夫らしい。

趣味:散歩、世界各地の切手収集。料理。
また、スタンプラリーフリークでもある。
ジュプランタで開催されるスタンプラリーでは皆勤賞をもらったほど。
しかしいつもうっかりスタンプをきれいに押しそこなうなど、ツメが甘い。

その他:他所の土地の文通相手のお嬢さんに熱烈片想い中。

イメージカラー:茄子色

補足:ストールはおしゃれアイテムではなく、タオルとして使っています。
柄や色など、種類豊富に所持。
スポンサーサイト



OCF10-関連キャラ | Comments(-) | Trackbacks(-)